Home > ブラックマヨネーズ > ブラックマヨネーズ 最高傑作コントネタ

ブラックマヨネーズ 最高傑作コントネタ

2005年「M-1グランプリ」王者。
吉田のやや屈折した世界観をもつ独特のボケに、小杉がハイテンションかつ絶妙なツッコミを入れるという正統派上方漫才コンビである。

フリートークでのセンスは早くから認められていたが、漫才やコントのネタになると途端に勢いを失うため、実力を発揮できず売れずに終わることを心配されていた。
しかし2005年頃、「ラジオのフリートークのような漫才がやりたい」という吉田の思いから、吉田が1人でネタを作る方法から2人の前にノートを置き、思いつきを会話形式で書き込んでゆく方法に変更した。

その後、ぼやき漫才を彷彿とさせる現在のスタイルが確立した。

2人の特徴的な風貌「ハゲの小杉」「ブツブツの吉田」はキャッチコピー化している。

google_vgif.gif

◆ブラックマヨネーズ:データ◆

ブラックマヨネーズは、小杉竜一と吉田敬の2人による日本のお笑いコンビ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。1998年4月結成。2005年M-1グランプリ王者。略称はブラマヨ。

◆吉田敬(よしだたかし、1973年6月27日 - )
ボケ担当。立ち位置は向かって右。

◆小杉竜一(こすぎりゅういち、1973年7月5日 - )
ツッコミ担当。立ち位置は向かって左。

1994年、大阪NSC13期生の同期として出会う。在学中から、小杉は「関西キング」、吉田は「ツインテール」という別々のコンビを組んでいたが、小杉の元相方が結婚を期に引退。それをきっかけに吉田が小杉を誘うかたちで、1998年にコンビを結成した。
小杉がコンビを解散してから小杉の母親が「アンタ、吉田君と組み」ときっかけをつくった。
その発言の後、吉田のコンビを組むプロポーズに小杉がOKを出した

(Wikipedia)参照

2008-11-02| ブラックマヨネーズ| タグ - , ,
?
関連動画